古くてボロボロになったマンションを売却することはできるのか

長期間にわたって住んでいたマンションが不要になった場合に、すでにボロボロになっていることから売却することを諦めているという人は意外と多いのではないでしょうか。しかしながら、古いからといって必ずしもマンションの価値がゼロになるわけではなく、条件次第で売却することは決して不可能ではありません。

以下では、その理由について見ていくことにしましょう。

→マンション売却を複数社に依頼するメリットと特徴

好立地にある物件が多いこと

古くてボロボロになったマンションが人気を集めている理由として、まず最初に挙げることができるのが、そのような物件のなかには好条件の立地にあるものが多くあるということです。「マンションは建物ではなく立地を買え」という格言があるほど、マンションにとって立地というのはその価値を左右する非常に重要なファクターなのですが、人気のエリアはほぼ開発しつくされているため、新たにそこにマンションが建設される可能性はそれほど高くないのが現状です。

この点、古いマンションは建物そのものの価値は減少してきてしまっているものの、人気の駅前などの好立地にあるものも少なくありません。そのため、多少建物は古くてもそういった場所に居住することで利便性を享受したいと考えている人々のなかから、ぜひとも購入したいと希望する者が現れる可能性は決して低くはないのです。

価格がリーズナブルであること

古くてボロボロのマンションが人気を集める理由の二つ目は、そういったマンションは一般的には相場と比べてかなりリーズナブルな価格で売りに出される傾向にあるということです。建物が著しく老朽化していることから、売り手としてはそのような物件に強気の価格設定はしにくく、そのために買い手の希望金額で購入することができるマンションは少なくありません。

価格が低い分、ローンを組まずに購入することが出来たり、たとえローンを組んだとしても返済にそれほど苦労することはないため、購入者としても心理的に購入しやすい物件となっているのです。また、かつては経過年数が経っているマンションを担保にしてローンを組むことが難しかった時期もありますが、しっかりと建てられているマンションは耐用年数も長いことから、近年では古いマンションであってもローンを組むことはさほど難しいことではなくなってきています。

そのため、以前と比べるとローンを利用して購入しやすくなったというのも古いマンションの購入を希望する人が増えている理由の一つです。

リノベーション需要が旺盛であること

さらに、古いマンションの人気が高まっている理由として、リノベーションの需要が旺盛になっているということが言えます。リノベーションというのは、中古の物件を自分好みに改修することをいうのですが、似た言葉にリフォームがあります。

この二つの言葉は、多くの場合に混同されがちですが、実際にはそれらの意味するところは必ずしも同じではありません。すなわち、リフォームというのは、建物の性能や機能を新築のときの状態に戻すために改修を加えることであるのに対し、リノベーションというのは、新築時の状態に関わらずに建物を自分のライフスタイルに合うように改修することです。

両者を比べると、リフォームの方がより自由に改修を行うことができるということが分かるのではないでしょうか。新築物件でもリノベーションを行うことは不可能ではありませんが、そういった物件の多くは、あらかじめ間取りが固定されており、自由に作りかえることが認められていないものばかりです。

それに対して、古い物件の場合には、比較的改修することが自由であるものが多いことから、リノベーションを希望する人にとっては、そちらの方がニーズに合致するということになります。また、価格が高騰している新築物件を購入するよりも、価格がリーズナブルである中古物件を購入して、浮いたお金でリノベーションを行って自分好みの家にした方が快適に過ごすことができると考える人が増えているというのも古い物件が注目を集めている背景にはあります。

ボロボロだからこその強み

中古物件を購入してリノベーションを行おうと考えている人にとっては、現状の建物内がボロボロであっても、どうせすべて改修してしまうことからそのような状態をそれほど気にすることはありません。そのような人には、建物内が綺麗かどうかよりも、よりリーズナブルな価格で物件を購入できるかどうかの方が重要なのです。

中古物件を売却しようとする場合に、なるべく物件の状態を良く見せるために、リフォームしてから売りに出す人がいますが、そうするとリフォーム代を売却価格に上乗せすることになるため、リノベーション希望者にとってはかえって手を出しにくい物件になってしまう恐れがあります。

どうせボロボロの物件であるのであれば、わざわざリフォームするのではなく、現状の状態で引き渡すことを条件として価格を下げてリノベーション用の物件として売りに出した方が意外に買い手が付きやすいかもしれません。

状態が良くないことを逆手にとった売却戦略を立てることができるというのが、そのような物件の強みと言えるのです。

必要以上に安く売らないようにしよう

ボロボロの物件は、リーズナブルな価格が人気の理由であるとは言っても、そのために必要以上に売り出し価格を安くする必要はありません。物件の価値を決めるのは、建物内の状態だけでなく、その建物の強度や管理状態、建物がある場所の立地なども大きく影響しているのです。

極端な話をすると、仮に建物の価値がゼロであったとしても、その建物が東京都内の一等地にある場合には、土地の価格だけで数千万円するということもあり得ることなのです。そのため、売り手としては、建物の状態に惑わされることなく売り出し価格を決めることが重要となります。

もっとも、不動産の専門性を有しない売り手が、適切な売り出し価格を決定することはそれほど簡単なことではありません。そこで、売出しにあたっては専門家である不動産業者に査定してもらうことがポイントとなります。

その際、1社だけではなく、少なくとも3社くらいに査定してもらうようにしましょう。インターネットの一括査定サービスなどを利用すれば、それほど手間をかけずに多くの査定結果を得ることができるはずです。査定額の平均値を見れば、自分のマンションの価値が概ねどれくらいかが分かるはずですので、それをもとに売り出し価格を決めるようにすると必要以上に安く売るようなことにはならないはずです。